最新風俗情報

風俗情報 ルフラン

未成年の居る風俗店を利用するリスクとは

ミテコがいる風俗の裏情報

ミテコとは、身分証明書を提出できない女の子の略称です。
つまりは未成年という意味。
本来18歳未満は水商売や風俗業界で働くことは出来ませんが
女の子自ら年齢を詐称するケースや、店側がそれを黙認するケースなどもあります。
勿論そのお店は違法店舗であり未成年の女の子が1人でも働いていたことが判明した場合はすぐに営業停止となります。

今の未成年の女の子達は
メイクもしっかりとしており成人女性に変身することは容易でミテコの区別がつきません。
その上身分証明書を偽造するなどの細工までされてしまうと店側も知らず知らずのうちにミコテを雇ってしまうこともあります。
ミコテの裏情報では、成人した女性の知り合いや、姉などの身分証を借りて面接に来ることがあるのだそうです。
高額の給料が魅力的なため、ミコテとして興味を持ってしまう女の子は少なくありません。

利用者が逮捕されてしまう可能性

自分を偽って働きにくるミテコですが、未成年ですので児童買春罪が成立する可能性が大いにあります。
しかし、ミテコの方から売春してきても罪に問われてしまうのは大人の方で
店側はもちろん、利用客が逮捕されてしまう可能性があります。
利用する側としても未成年を魅力的に思う方も居ますし
未成年側も高額な給料に魅力を持ってしまう女の子も多いですがミテコは関わるほうも関わられる方もとても危険な行為なのです。

ミテコ対策と裏情報

風俗を楽しむ上で、トラブルから身を守るためには対策も必要となってきます。
背伸びしたメイクや明らかに幼い風俗嬢と出会ってしまった場合は、
まず本当に18歳以上であることを確認しなければなりません。
運転免許証、健康保険証、パスポートなどの身分証明書を実際に見せてもらうことが大事です。
何も対策せず未成年とも知らずにサービスを受けた場合は罪に問われてしまうケースがあります。
利用客側としては被害者ですが、法律としては加害者となってしまうのです。
ですから、しっかりとした対策が必要になってくるでしょう。

それ以前にクリーンな風俗店を事前に調べておき、安心して利用することが大切です。
口コミなどを調べ、少しでも裏のありそうなお店や、詐欺の多いお店自体避けるのが良いでしょう。
中にはミテコとわかった上で雇う店側は、18歳になるまで店で囲い、辞めさせ、
他の店にも行かせない等して徹底的に情報漏洩を防いでいるという所もあるそうです。
まずは風俗嬢よりも、お店選びが重要となってくるでしょう。